小樽の歴史あれこれ 分かりやすく簡素に視点を変えて
小樽の歴史を探る

小樽」発祥のあらまし@
江戸時代徳川幕府の経済体制は米本位でした。当時蝦夷地と呼ばれた北海道の統治を任されていた松前藩は、米の獲れない蝦夷地の特殊事情から、幕府の許可のもと家臣への俸禄は米ではなく、アイヌとの交易を認め、その収入を俸禄として家臣に与えていました。家臣達は交易取引を、決められた区域毎に商人に任せ、利益の一部を運上金として収めさせていました。この交易の決められた区域を「場所」といい、その商人を場所請負人と呼んでいました。この場所請負人が場所毎に作ったのが運上屋(家)です。その後オタルナイ場所は隆盛を極めその財政に目を付けた幕府は(これには諸説色々あります)オタルナイ場所を高島場所と、現在の妙見川{旧オコバチ川)を堺にしたオタルナイ場所の2場所とし、村並制度を布き統治しました。時は1865年明治維新の3年前の事である。当時の人口314戸1143人でした。


この場合の村並とは村制度からきており、幕府の蝦夷地での政治や経済体制、いわゆる”村並”は1801年に道南6カ所の場所が和人の出稼ぎが定着し始めた事から、内地並の村制を敷いたのが村並制度の始まりです。制度としての本質は村制度です

江戸幕府の士農工商体制下における、税制について述べます。江戸幕府の全国統治は、幕府領、旗本領、藩領、神社領等があり税制も士農工商の身分制度により、それぞれ異なっておりました。そこで身分制度と税の仕組みを下記に記します。

身分制度と仕組み

朝廷・(御料3万石) 幕府・(天領400万石)

公家・(全体で7万石) 大名・(全体で2.250万石)

     「士」

臣従・俸禄・家臣・藩士他に神宮・僧侶・等 直参・旗本(全体で300万石)以上大まかな系図ですが、武士には税金は掛からなかった。(全体人口割の10%)

村方3役

名主 (1村1^2名)代官の命を受け、人別改・年貢等の村政一般を受け持つ組頭・ 名主補佐百姓代・名主・組頭の監視役・

     「農」

本百姓〜 田畑を所有・検地帳登録・年貢負担・寄合参加資格があった。
小作人〜 寄合参加名子 隷農 寄合参加はなかった。
以上農民の全体に対する人口割は80%で主たる課税の大半を占めており、それだけに統制は厳しかった。

     「工商」

町役人↓町年寄り・町奉行の下町政全般を受け持つ町名主・ 町年寄りの支配下、町内の公務を行う地主・家持・町政参加 運上金 冥加金等の負担地借・店借(店子) 税負担なし・ 町政参加せず工 親方・従弟商 店主・番頭・丁稚商人は蔵元・為替小・造酒業・廻船業等の場合は免許料が科せられた・その他裕福な商人には、町火消しや、木戸番の雇用維持費、橋の建て替え費用、祭りの費用などの負担を強いられた。








































































































小樽発祥のあらましA

北海道の地名の大多数は、アイヌ語に由来しているがその意味しているものは、地形と蜜接な関係がある.小樽の語源となった「オタルナイ」も例外ではなく、アイヌ語で”砂の中を流れる川”の意味がある。しかし此処で一寸した疑問が残る。山坂の多い小樽に果たして”砂の中を流れる川”なる地形が存在するのだろうか。実はこのオタルナイは400年ほど前、現在の札幌市の西区から銭函の砂浜を大きく蛇行しながら、石狩湾へと流れていた新川と呼ばれる川が起源だったのである。(発祥の記念碑は樽川にあります。画像参照)その河口に松前藩の八木勘右門が漁場を開きこれをオタルナイ場所としたのが始まりである。しかし漁業は隆盛であっても船の出入りする港としては、機能的ではない為、利便性の高い現在の小樽市内入船河口に小樽場所が移されたが名称はそのまま受け継がれた。以後その名はオタルナイから、オタナイ、尾樽内、小足内、舗足内と変化し、小樽となったのは明治2年に維新政府が蝦夷地に開拓使を置き名称も北海道と改めた時からである。後に小樽に港湾や鉄道が整備される事になるが、これは決して鰊漁が盛んだった為ではなく、当時の明治政府は小樽に別の目的、使命を期待していたのである


或る勝手な憶測


昔和人の様に住んでいる「場所」を広い意味で統治し政治を施さなかったアイヌ人に、広い土地の名称は必要だったのでしょうか。例えば札幌はアイヌ語で「サツホロ」といい豊平川を限定しています。豊平川の事はサツ(乾いた)ホロは(広い)という意味ですが、乾いた広い豊平川とは少し変です。恐らく良い意味で広い川原のことを指しているのではないかと推察致します。アイヌ人の地名の付け方は、その土地の自然環境の特色を具体的に表記したものが多く又、その特色はごく一部の狭い区域に限られていたように思われます。広く解釈して昔の円山から豊平川を堺に、札幌としたのは和人です。話題を小樽に戻します。小樽にも色々なアイヌ語の地名があります。稲穂はアイヌ語でイナウ(木でケヅッタ幣(ヘイ)色内 はイオルナイ(足跡)等です。然し此処で憶測を働かせると昔のアイヌ人は所謂和人や、現代人の様に区域(町内)を連結して広域活動をしていたとは考え難く、従って小樽も札幌も大きな地域としての呼び名は無かったと思われます。注 アイヌ人、和人と呼称を分けておりますが、他意はありません。文章の記述上止む無く使用させて頂きました。

小樽は街その物が生きた博物館

近代史的に札幌等の経済状況や、文化の発展度合いを見ると、結果的に大多数の部分で明治時代に先人の残した、偉大なる資産を消滅させております。事の善し悪しは、論議の分かれる処ですが、それに伴い遺産を守ろうとの見地から開拓村や明治村等が開設されました。然し此処に残念な事があります。この「場所」を見学しても、これは飽く迄も所謂「展示物」でしかなく、そこに生きた人々の生活感が伝わって来ないのです。(知識で想像は出来ますが・・・)一方小樽の場合は小樽市指定の歴史的建造物は約70棟あり、その主要物件が街並として保存されており、しかも倉庫群は商業施設として転用、中でも特筆に値するのは、100年以上も時を刻み続ける大時計を設置、明治29年建設の建物その儘で営業を続ける商店ありで、明治の街並と人間の息吹が、其の儘現代にタイムスリツプ出来る街になっております

道内初の鉄道敷設は何故小樽だったのか

明治維新により日本の近代化政策は、順調に進められてはいたが、欧米列強に並らぶ国家建設を目指す政府は、遅れている産業革命を推し進める為に、欠かせられない石炭資源の確保の必要に迫られていた。明治12年に幌内地区に良質の炭田があるとの報告を受けた開拓使では輸送ルートを検討、札幌〜石狩湾への輸送後小樽港港への海上輸送案もあったが、最終的に札幌〜小樽手宮間の鉄道施設案が採択された。当時の政府の対応は驚くほど早く、建設に着手してから.6ヵ月後に完成という突貫工事だった。幌内炭田の調査報告から、1年後の明治13年の事である。これは新橋〜横浜、神戸大阪に次ぐ、全国3番目の鉄道敷設である。この事は当時の政府が北海道や小樽に掛ける期待が如何に大きかったかを物語っている。

開通当時は小樽市内には4か所のトンネルがあった。1個所目は水天宮下2箇所目は南小樽駅東側、3個所目は平磯岬すぐ続いて4か所目のトンネル(現存)であるが、地盤が弱く安全走行に支障を来した水天宮、南樽箇所は切り割とし陸橋を設けた。平磯岬トンネルの1か所は山を切り崩して埋め立て地を造成、後に小樽機関区、木材の乾燥場として小樽発展に寄与したがそれも取り壊され現在はウイングベイとなっている。
張碓駅は1905年(明治38年)に北海道炭鉱鉄道銭函〜朝里間の駅として開設翌年に国有鉄道に編入された。昭和44年貨物扱いは廃止されたが、海水浴客向けの臨時列車駅として運行、しかし駅には跨線橋がなく人身事故が多発し、遊泳禁止に伴い廃駅となった。
張碓はアイヌ人から、カムイコタン(神のいます処)呼ばれていただけあって、どこか神秘的で、隠れた秘境として訪れるマニアもいたが、かってはあつた直接駅に通じる人道も現在は自然に還り、仮に一般の人にはあまり知られていない新しい住宅街からの連絡を辿ったとしても線路脇に道路がなく、駅までの道のりは遠く危険ではあつた。秘境化した同所を求めて訪れるマニアの多くは直接駅にたどり付こうとして崖を下り死亡者も出た為廃駅となっていた同駅は平成18年7月に完全徹去された。

小樽運河は埋め立て方式だった

小樽と云えば先ず最初に想いい浮かぶのは小樽運河ですが、この運河実は埋め立て方式である事は、意外と知られていない様です。今も運河沿いにある倉庫群の前面は当時は海岸となっており、船からの荷降ろしは、岸壁に梯子を掛けて行われていいました。この運河も誕生する迄は紆余曲折、賛否両論があり10年以上もの激しい論争の末の事だったとか。(何処かで聞いた様な?確か昭和58年の縮小埋め立ての時も)兎も角着工してから完成迄に9年もの年月を要し、完成したのは大正12年でした。規模は幅40メートル、水深2.4メートル延長1.324メートルと堂々たるものでしたが、工法は埋め立て予定地に、地元石切山から切り出した石で外郭等を囲い、港内から掬い上げた土砂を利用し運河の枠外だけを埋め立て港の整備もしたという、一挙両得の人海戦戦術だった様です。あの時代北の小都市での、広大な土地の埋め立て工事、膨大な軽視と労力それでも採算が採れると踏んだ小樽の実力は矢張り凄いものだったのでしょう。

小樽商人の気概

小樽の運河沿いに立ち並ぶ倉庫、銀行街に立つ商店には特徴的な飾りがある建物が多い。例えば運河プラザや小樽博物館の屋根の鯱(しゃちほこ)です。又名取商店(大正硝子)や多喜二に見られる、二階のひさし上部に突き出た「卯建ち」なるものも、今の北海道には珍しい造形物です。この”うだち”は当時火事の多かった小樽で、類焼を避ける防火壁として施工された物で、一般の民家よりも建築費が嵩み、かっては成功者が建てた事から、成功者とそうでない者を区別して、うだつが上がる、上がらないの語原となったと云われております。この事は当時の小樽商人のプライドの高さを示す事例の一つですが、あの時代所謂内地から、北の果ての”新天地”に移住してきた人々にとって、商売の成功、不成功は人格を定める尺度そのものだったのかも知れません。然し一方では貧富の差はかなり激しかった様です。小樽の人に「しゃちほこ」や「うだち」の話をした事がありますが、「へ〜ぇ、そんな物あったっけ」でした。意外と知らない人が多いのです。

移転の過去を持つ歴史的建造物

今小樽では運河沿いを中心に、景観上問題の多い建造物が建てられ、物議を醸し出しております。例えば景観上問題視されているマンション、銀行協会を取り壊した跡地の居抜き小路、更に隣接地の大型紳士服のビル等、目を被いたくなる現状があります。そこで過去に目を転じ少し溜飲の下がる話題を取り上げます。小樽を代表する銀鱗荘と祝津の鰊御殿、この何れも実は他町村からの,移転工事であった事はあまり知られて居りません。明治から大正にかけて、日本海沿岸は鰊漁で大いに賑わいその利益で経営者たちはこぞって、母屋や番屋等を各地に建設しました。銀鱗荘は明治6年に自宅用として余市に建設された物を、昭和12年に現在の平磯岬上に1年かかりで解体復元したものです。(銀鱗荘の命名は当時の石黒道長官)移築場所があまりにも適地であつた為、移築と気付かない人が多いのです。祝津にしん御殿は積丹半島の泊村に明治33年に自宅兼作業i員の宿舎として建設され、昭和33年に高島場所で知られた現在地へ移築され、北海道炭鉱汽船より、小樽市に寄贈されたものです。かたや壊し、かたや他町村から経費を掛けてわざわざ小樽に移築する、この違いは何でしょうね。

小樽の倉庫の歴史と現状

明治から大正にかけて本州の財閥や資本家が、当時北海道の経済拠点であつた小樽に、多数進出を図り物流拠点の一貫として、主に自社製品保管の為、次々と倉庫を建設していつた。当時の主な業種は海産物、食料品,衣料品等であるがその他生活用品全般にわたり、小樽の業者は北海道全体の経済を支配していた。

大正末期には現在と同程度の人口を擁し、昭和20年の第2次世界大戦の敗戦を迎える迄、道内の経済の中心的役割を果たしていた港街小樽も、ロシアと言う交易の場を失い所謂”斜陽小樽”と呼ばれる様になっていった。それでも20年代後半までは鰊の漁獲量も多く何とか経済も持ちこたえ、昭和35年頃にはまだ各都市銀行も多くあり、道内金融機関の本支店を合わせると40近い金融機関が小樽にはあった。これは当時の人口約21万人からすると驚異的な数である。その頃までは不景気乍ら未だ繊維問屋等を中心に、辛うじて小樽に本支店を置いている企業も多かったが、日本全体がトラック運送の時代に突入、物流管理と販売の拠点は札幌へと移り、以後小樽からは優良企業の撤退が続きそれに伴い銀行の数も減っていった。

現在小樽には約20社の倉庫業者がいるが、その業態を大別すると、陸海運の為の倉庫保持、飼料、製粉業者の自社倉庫、要冷蔵食品の委託保管、その他委託保管等と多岐に亘っているが、現在は一部業者を除き倉庫の活用方法も多様化し従来の利用法に加え、トランクルームと呼ばれる専用コンテナでの一時預かり(家の増改築時の荷物、オフイスの書類の一時預かり)やトラック輸送の一時預かりと、幅を広げております。しかしかって小樽が大いなる繁栄を極め、銀行街等は「北のウオール街」と呼ばれた時代の倉庫の数は想像以上に多く、大半は空き家となっていました。それが運河埋め立て後の小樽に一大観光ブームが訪れ、これ等の倉庫も今では商業施設等に姿を変え、中には「小樽市指定歴史的建造物」として保存されている物件もあります。商業施設化の具体的な例としては、旧小樽倉庫は、現在小樽市博物館として、(小樽倉庫は他にも多数あります) 木村倉庫は北一硝子3号館、その他運河食堂、海猫屋、六花亭北の美術館、運河プラザ等など数多くあります。

倉庫その他の歴史的建造物の指定意義

昭和40年以降の小樽は、銀行 商社等徹退の続く多難な年月の連続でした。銀行を例にとると旧三井銀行を除き小樽から銀行が徹退していつたのは、小樽に観光ブームが訪れるかなり以前、今から30年以上も前のことなのです。都市銀行が集まるような大きな都市の場合、何がしかの方法で復元力があり、札幌市の大通り等では銀行街消滅などと言う現象は起きないでしょう。しかし当時人口18万の街に都市銀行と呼ばれる銀行が8行もあつたのです。商社も三井、三菱等そうそうたる有名会社が名を連ねており、それらが短期間に徹退を繰り返し小さな街である小樽市全体が対応出来なかった訳です。ところが去られて見るとこの建物が素晴らしい。何とか保存しょうと云う機運が高まり「小樽市指定歴史的建造物」となった訳です。ですから今でもあそこは何々銀行だったと言う具合に歴史として名を残すことになり、跡だけ残つた様に見られますが、もし歴史的建造物として保存されていなかった場合は、そこに銀行があった事等は忘れ去られ、所謂○○銀行の跡地としての認識は無くなっていたと思われます。その跡地という認識が観光客に、浪漫と郷愁を呼び起こさせ、小樽を訪れる動機を作り出しているのではないでしょうか。






















小樽この坂あの道 この坂編

小樽の坂や道には、歴史的な背景や逸話に基づいたものが多い。その中で有名な個所を述べてみます。

1 「船見坂」〜
小樽駅横より山に向かって右側の坂〜明治37年に稲穂から色内、石山、手宮の一部まで燃え尽くした大火があり、その後道路の新設改良が行われた。(小樽駅より海に向かって左側、竜宮神社の辺り)大正4年にその辺りを船見通りと名付けられ、この道を横切って山側に登る急な坂を船見坂と呼んだ。

2 「地獄坂」〜
小樽商大に向かう途中の坂〜旧小樽高等商業学校生が、当時民家も少なく冬期間天狗山の吹き下ろしと急な坂道の為、通学に難儀した事から呼ぶようになった。

3 「もう一つの地獄坂」〜
小樽駅から海に山に向かって左側の坂〜この坂道に沿って小樽警察署、法務局、小樽地検、小樽税務署等が建ち並び、市民が喜んで行ける場所ではない事から、密かに呼ばれている。

4 「安政の坂道、又は山ノ上ノ坂」〜
住吉神社から海に向かって突き当たりを右に曲がる坂〜安政4年オタルナイ場所の請負人恵比寿屋半兵衛が、入船側から信香側へ道を開き市街化を図った。その時の年号が安政だった為呼ばれるようになった

5 「三本木急坂」
坂の反対側入船側にタモの木が3本あった事から呼ばれた。坂の途中右手に有名な「海陽亭」があり、坂を下るとメルヘン交差点に出る。

6 「外人坂」〜
水天宮より海に向かって階段を下りた処〜大正4年から昭和24年迄ドイッ人の木材輸出業者が住んで居た事から、自然発生した愛称である。

7 「職人坂」〜

水天宮手前から入船に下る坂→明治大正時代、道内の仏壇の多くは小樽で作られていた。特にこの坂沿いには仏壇屋の他に塗り師、金具師、指物師、表具師等が軒を並べ年中人が集まり大変な賑わいであった

小樽この坂あの道 あの道編
1 「能島通り」 〜
手宮地区錦街町のメーインストリート〜昔から何故か石切山から西方面を手宮と大ざつぱに呼ばれていますが、本来の手宮町は手宮公園の海側下に連なるごく一部です。この能島通りは手宮公園手前左側に位置する中通りで,手宮地区1番の繁華街であった。命名の由来は大地主「能島家」に由来するが、能島家は3代に亘り道路開削、整備、手宮川改修を自費で行い、住民の感謝の気持からこの名称となったといわれている。

2 「日蓄小路」〜
寿司屋通りを海に向かって左側小路一帯→大正時代この一角に日本蓄音機小樽出張所があった事からハイカラ好みの時代の影響もあって呼ばれるようになった。然しその後特殊飲食店(所謂赤線的な店)が狭い地域に約40軒も軒を並べ戦後の一時期は侮蔑を込めて呼ばれた時代もあったが、現在はスナックが数軒あるだけとなった。然し中高年者には懐かしい響きとして、今も日蓄小路の名称は残っている
3 「梁川(やながわ)通り」〜
駅前より海に向かって左側が「都通り」左側が「梁川通り」〜明治維新の箱館戦争で敗退した榎本武暢はその後復権開拓使となり、当時買い手の付かなかった小樽の土地を、富岡、稲穂にかけて約20万坪を一括購入、細分化して住民に販売した。榎本の雅号が「梁川」(りょうせん)であった事に因んでこの名が付けられた。一方都通りも榎本武揚を都通り開拓の功労者としてアーケード入り口に紹介文を設置している。その他竜宮神社設立、幌内炭の積出港として小樽の可能性主張、小樽に道内初の鉄道敷設にも貢献した。

小樽何でも一番 国内編

明治15年 祝津で日本初のアワビ繁殖研究(開拓使ご用掛の内村鑑三)

明治30年 小樽港北防波堤建設、完成同41年斜塊構造コンクリート工法はわが国初の工法大正7年 小樽市漁協の組合長、網巻装置を考案

大正11年 第一回全国スキー大会開催

昭和8年 龍徳寺に重量330キロの巨大木魚が寄贈さる。大きさも日本一なら金額も1000円と木魚1個が家一軒分の価格である。

昭和10年 北手宮小学校で高さ4〜5メートル(具体的には不明)雪像が造られた。雪祭りのルーツである。

昭和11年 第4回冬季オリンピックに元祖「日の丸飛行隊」とも云うべき、日本スキージャンプ陣が出場。因みに4人全員が小樽中学(現潮陵高校)と同じ学校と言うのは未だに破られていない。

昭和20年代後半 龍徳寺で住職のストライキがなされた。その詳細は明らかではないが、当然日本国内初の事であり、お坊さんも人の子と噂噺に花が咲いた。

昭和35年 東京、岡山と共に全国初の成人精薄者の更正援護施設を設置(精薄者については当時の名称を記述、他意はありません。)

昭和38年 全国のトツプをきって小樽小売市場連合会が発足昭和53年 市町村初の小樽文学館を発足